読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイル SFC修行 in 2017

2017年のSFC修行の記録を綴ります。

ポイントサイトの仕組みって?

skybaruz.hatenablog.jp

今回は「知っておくべき」こと。そう、ポイントサイトの仕組みです。

 

ポイントサイトを利用して初めに感じることは、いったいどこからそのポイントでてるのだろう・・・ということ。正直、気味が悪いですよね。

 

これは、企業の宣伝費が私たちが思っている以上にでかいということが大きな理由のひとつでしょう。

CMや駅吊り広告など、 目が飛び出るような金額だったりします。売れっ子の芸能人なんか使った日には・・・。

タレント、タレント事務所、テレビ局、広告代理店などなど、かかわる人が多い分費用も莫大な者となります。しかも顧客になるか不確定な人にお金を使ってるわけです。

 

で、ポイントサイトの登場です。

企業→ポイントサイトへ宣伝費としてお金を出す。

ポイントサイトは、私たち利用者にもらった宣伝費のうちポイントを配る。残った宣伝費がポイントサイトの収入となるわけです。

ちなみに、ポイントサイトでポイントをもらえる人はほぼその企業にとっての顧客になります。しかもCMなんかよりの宣伝費よりも効率的でなにより安い。よくできてますよね。

では、高額案件の仕組みは?

特に多いのがクレジットカードの案件。クレジット会社は儲かってるのでしょうか。

実はクレジットカード会社にとって収益の要は、リボ払いやキャッシングなどの高利子です。たくさんの人がクレジットカードを作った場合、その中の何割かはリボ払いやキャッシングでかなりの利子を払っています。

契約者の母数が増えれば、当然そうした収益につながる顧客も自然と増える。だから高額案件でも顧客数を増やすために宣伝費が投入されるというわけです。

高額ポイントは、そう高利子を払っている方々様々なのです。

 同じく高額案件のFX口座開設なんかは、始めるまでは怖いと思ってる人も多いはず。でも、高額案件でそこを入り口にして「FXって意外と簡単なんだ」とハマり出す人。そんな人たちの取引額が大きくなればなるほど、高額案件のポイントなんて微々たるものになるのでしょう。

 

そういえば、ポイントサイトを見ていて「企業に絶対に連絡しないように!したら退会させるよ」って文言目にしたことありませんか?

これは推測ですが、ポイントサイトにとって企業に宣伝費もらっていてそれを顧客に還元していない場合、不当に宣伝費をとられたと見なされる可能性があるからではないでしょうか。

意外にもポイントがつかない場合連絡してくださいという体制をとっているポイントサイトがあるのは、企業からの宣伝費をきちんとターゲットに使って残った分だけを適切に収益としているよというアピールでもあるのかもしれません。

ポイント還元による顧客獲得につながらなかったら、企業は宣伝費を払っている意味がありませんからね。