ANAマイル SFC修行 in 2017

2017年のSFC修行の記録を綴ります。

【第1回】SFC修行のきろく

はじめてこのブログを読む方は、準備編からどうぞ・・・ 

skybaruz.hatenablog.jp

 

 

第1回目のフライトの記録です。

おとくぱぱの拠点は新潟空港ですが、効率はやはり羽田ー那覇ダントツなので、羽田拠点のルートに近いものとなります。

 

飛行履歴

1月7日(土) ※深夜バスで早朝に羽田へ

 ①羽田 → 那覇  特割  24,490円  1,876PP

 ②那覇 → 羽田 プレ株優 30,190円       2,860PP

 ③羽田 → 那覇  株優  23,190円       1,876PP

 ・・・那覇

1月8日(日)

 ④那覇 → 石垣  特割   8,900円          770PP

 ⑤石垣 → 那覇  特割   8,500円          770PP

 ⑥那覇 → 新潟  株優 28,050円         1,978PP

 

 合計 120,620円  10,130PP  11.9円/PP

 

予約したのが1月3日なので、4日前の予約にしてはまぁまぁなPP単価でしょうか。

株主優待を3枚消費。

1泊2日でこのルートなら単純に5回で終えることができそうです。

⑥の那覇からの戻りを羽田経由もしくは成田経由にするかで迷いましたが、今回は楽な直行便を選択。羽田経由でプレミアムクラスがとれれば効率ももう少し上がったでしょう。

 

今回の考察

①と③の羽田那覇間で、プレミアムクラスへのアップグレードを試みましたが、いずれも失敗。アップグレードの空席待ちは、カウンターで依頼して受付票を受け取り、搭乗時間間際に呼び出しがありますが、所詮種別B(S→A→Bの順で呼ばれる)では呼ばれすらしない・・・やはりこんなときにSFCがあったならと修行意欲が増すものです。

2往復または今回のように1.5往復する方の注意点として、2つ。

1.必ず1往復目は紙のチケットを発券してもらうこと。

 カウンターで手続きすれば良いのではなく、必ず紙のチケットを出してもらって下さい。 他の方のブログにも情報が有り、カウンターでアップグレードと共にチェックインをするべく手続きしたのですが、GSさんがアップグレード受付票と共に「(クレカを返しながら)このカードでお進みいただけます」と渡してくれたにも関わらず、保安検査場でエラー・・・。保安検査員に冷たくカウンターへと指示され、カゴにいれた荷物を全部もってまた行列を逆戻りでカウンターへ・・・(涙

こんなこともあるので、GSさんがいいと言っても必ず紙チケットをもらいましょう。

 

2.アップグレードの空席待ちは、直前の予約かつその空港でなければとれない。

 複数回往復する場合、直前の空席待ち受付票はとれますが、戻ってきてからの再フライトの分までは空席待ちをさせてもらえません。もちろん、空席が発生した時点でカウンターに行けばどこの空港でもとれるとは思いますが、出発直前に割り振られるアップグレード空席待ちについては往復で戻ってきたところで改めてカウンターに申し出る必要がありますのでご注意を。

 

おまけ

予約一覧の表示が赤字になっている理由・・・

 これは同日に同じ路線が重複して予約が入っている場合に、重複予約の可能性を示し注意を促すために赤字にしているそうです。

 上記の紙チケットが必要な便かどうかの目安にもなりますね。システム側では、同日に同路線が2つも入っていれば、イレギュラーな予約と見なすようです。(もちろん搭乗することは問題ありませんが) 

そりゃ、1日に羽田と那覇を2回も往復するなんて普通じゃないですよね(苦笑

2017年SFC修行のみち【忙しい人のための準備編】

いよいよ2017年がスタート。

管理人(おとくぱぱ)の実際に修行した記録が皆様の修行の参考になりますように。

 

SFC修行 準備編

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)取得のために修行するなら、いくつかの準備が必要となってきます。

 

<このブログの修行方針>

もちろん、準備せずともできますが、修行にかかるコストは当然跳ね上がります。せっかく同じ修行をするならなるべくコストを抑えて、効率よく修行を進めましょう。

おとくぱぱの記録は下のような人にぴったりかと思います。

 ・土日祝日しか休みが取れない。

 ・予約を取れる(予定が組める)のが概ね2週間〜1ヶ月前。

 ・あんまり修行日数が増えると嫁さんからおこられる

 ・ほんとは土日も家で仕事したい

 ・海外旅行に行くにはちょっと不安(トラブルで戻ってこれないリスクなど

  仕事への影響が大きい)

 ・仕事で急な予定が入り、変更やキャンセルできないチケットは怖い

上記に当てはまる人は、旅割+当日アップグレードなどを駆使してPP単価8〜10といった低コストの修行はなかなか難しいもの。

おとくぱぱの修行は、株主優待を使ってコストを抑えつつ、できるだけ日数を少なく、かつ日常の仕事への影響を最小限に抑えた旅程で進めていきます。

その分、クレジットカードやポイントサイトなどを駆使して軍資金を調達します。

 

まずはじめに、基本的な流れです。

1.マイルを可能な限り貯める

2.マイルをスカイコインに替える

3.航空券予約をする

4.搭乗する

5.プレミアムポイント(PP)が貯まる

6.PPが50,000で終了。SFC取得へ

 

この流れをスムーズかつ効率的に行うには準備が必要です。

必要な準備は大きく分けて3つ。

1.クレジットカード

skybaruz.hatenablog.jp

2.ポイントサイト 

skybaruz.hatenablog.jp

 

3.株主優待

skybaruz.hatenablog.jp

    

この3つが修行の効率化の要となります。

既に1月に入っていますが、2017年の修行を決意した方は、できるだけこの準備をはじめましょう。

ポイントサイトの仕組みって?

skybaruz.hatenablog.jp

今回は「知っておくべき」こと。そう、ポイントサイトの仕組みです。

 

ポイントサイトを利用して初めに感じることは、いったいどこからそのポイントでてるのだろう・・・ということ。正直、気味が悪いですよね。

 

これは、企業の宣伝費が私たちが思っている以上にでかいということが大きな理由のひとつでしょう。

CMや駅吊り広告など、 目が飛び出るような金額だったりします。売れっ子の芸能人なんか使った日には・・・。

タレント、タレント事務所、テレビ局、広告代理店などなど、かかわる人が多い分費用も莫大な者となります。しかも顧客になるか不確定な人にお金を使ってるわけです。

 

で、ポイントサイトの登場です。

企業→ポイントサイトへ宣伝費としてお金を出す。

ポイントサイトは、私たち利用者にもらった宣伝費のうちポイントを配る。残った宣伝費がポイントサイトの収入となるわけです。

ちなみに、ポイントサイトでポイントをもらえる人はほぼその企業にとっての顧客になります。しかもCMなんかよりの宣伝費よりも効率的でなにより安い。よくできてますよね。

では、高額案件の仕組みは?

特に多いのがクレジットカードの案件。クレジット会社は儲かってるのでしょうか。

実はクレジットカード会社にとって収益の要は、リボ払いやキャッシングなどの高利子です。たくさんの人がクレジットカードを作った場合、その中の何割かはリボ払いやキャッシングでかなりの利子を払っています。

契約者の母数が増えれば、当然そうした収益につながる顧客も自然と増える。だから高額案件でも顧客数を増やすために宣伝費が投入されるというわけです。

高額ポイントは、そう高利子を払っている方々様々なのです。

 同じく高額案件のFX口座開設なんかは、始めるまでは怖いと思ってる人も多いはず。でも、高額案件でそこを入り口にして「FXって意外と簡単なんだ」とハマり出す人。そんな人たちの取引額が大きくなればなるほど、高額案件のポイントなんて微々たるものになるのでしょう。

 

そういえば、ポイントサイトを見ていて「企業に絶対に連絡しないように!したら退会させるよ」って文言目にしたことありませんか?

これは推測ですが、ポイントサイトにとって企業に宣伝費もらっていてそれを顧客に還元していない場合、不当に宣伝費をとられたと見なされる可能性があるからではないでしょうか。

意外にもポイントがつかない場合連絡してくださいという体制をとっているポイントサイトがあるのは、企業からの宣伝費をきちんとターゲットに使って残った分だけを適切に収益としているよというアピールでもあるのかもしれません。

ポイント還元による顧客獲得につながらなかったら、企業は宣伝費を払っている意味がありませんからね。